選別してから買取店に持ち込むこと

古銭買取致します、こうしたのぼりが出ている骨董店を度々見かけるものの、闇雲にただ店頭に持っていくのではなく、選別してから持ち込む方が、鑑定士の手を煩わせず、しかも評価がアップするようです。古銭は度々、家の焼失した跡から発見されることがあるようで、真っ黒になった古銭があるのなら、まずは除外しておきましょう。洗浄作業などを行うべきかの判断は、鑑定士に聞いてみて、改めて行いましょう。放射状に切り込みを入れたような古銭が手元にないでしょうか。よくギザ10と呼ばれる10円をコレクションしていた思い出もありますが、降雨祈願の儀式に使用されていた銭である可能性もあるようです。また、異常体裁も選別しておきます。例えば、日本の古銭に混じって、江戸より前には海外古銭が使用されていたとも言いますから、そうした古銭が紛れている可能性もあります。まずは、素人目でもざっくりと見て判別できる古銭を分けてから買取に出しましょう。