古銭として売る方が高く売れるかもしれません

古銭と言われる昔のお金は、業者に売ることができます。昔の金や銀などでできている小判などの古銭は、金や銀として重量で売るよりも、古銭として売った方が価値が高くなる可能性もあります。もちろん、金や銀などの貴金属でできていない古銭や、昔の紙幣などでも価値のあるものならば買い取ってもらうことができます。買取価格は、その古銭の種類、保存状態など複数のポイントが査定され、決まります。古銭が錆びていたり、紙幣もシミなどがある場合には査定額は下がります。ただし、錆び取り剤などは使用しないようにしましょう。不自然にきれいにされた跡などがあると、査定ポイントとしては下がる要因になる可能性があるからです。以前に購入した古銭で、ケースなどに入っている場合には、ケースごと査定してもらうと良いようです。素手で触ると錆びなどの原因にもなるので、ケースがある場合には出さないようにします。業者によって買取をしている古銭の種類が異なることがあるので注意が必要です。ホームページなどでも取り扱っている古銭についての情報が掲載されているところが多くなっています。

記念硬貨買取を利用した場合はいくらで売れる?
中には思わぬ価値があるものも。高く売る方法を紹介します。